読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

めし記

らくなめしがおおいです

鯖トマトパスタ

超うまい

 

つかうもの

・オリーブオイル

・にんにく ひとかけみじん切り

・創味シャンタン

・塩コショウ

・鯖水煮缶 一缶全部だと多いですか?

・カットトマト缶 これは一缶全部だとどう考えても多い,残りは容器に移して冷蔵しましょう

・たまねぎ 1/4個くらいみじん切り 作ったときは入れてないけど入れたほうがうまいはず

・パスタ

 

つくりかた

常時中~強火で

・にんにくとたまねぎをオリーブオイルで炒める

・たまねぎが透明になってきたら鯖缶を入れ,ほぐしつつ炒める

・鯖の生臭さが飛んだらトマト

・創味シャンタンと塩コショウで味付けしつつ煮詰める

・ある程度煮詰める,ここまで多分10~15分くらいなので逆算して30秒~1分ほど短めにパスタを茹でておきましょう

・ある程度煮詰まったところにパスタを湯切りせずに入れる

(茹で汁全部入れろという意味ではない,麺がまとった多少の茹で汁を切らずに入れろということ)

・ガンガン混ぜつつガンガン炒める

・水気がなくなってきたらできあがり

 

粉チーズとタバスコがあればなおよし,創味シャンタンと塩コショウのかわりにアンチョビ使うと多分超うまいので今度やります おわり

鶏モモ氏

それ以外

小林銅蟲氏の肩ロース氏

negineesan.com

がベースで,というかぶっちゃけパクリで,安い鶏モモを使うのと切らないのとで面倒が少なめです

 

つかうもの

・鶏もも肉 3~400グラムはなんだかんだ食えることもある 一枚のまま

・醤油 砂糖 ごま油 おろし生姜 おろしにんにく 料理酒 片栗粉 味は少し濃い目に

調味料は各自カスタムしてください,食べるラー油とか豆板醤とかいける

 

つくりかた

下準備編

・ボウルに鶏もも肉を皮ついたままいれる

・調味料を投入してしっかり揉み込んで30分以上おく 原典より肉が厚いので味がしみにくいですし

 

焼き編

・テフロンのフライパンか,フライパンにしく焼き用アルミシートを使いましょう さもないと焦げ付いて一機ロスします

・皮を下にして焼く

・ちょっと焦げてきたらひっくり返して,表面に焼き目がついてきたら火を止めてフライパンに蓋して10分くらいおく

・竹串とか箸とか刺して出てきた肉汁が不透明なら超弱火にしてちょっと様子見

・肉汁が透明なら強火にして皮を下にしてちょっと焦げるくらい焼く

できあがり

 

うまくないわけがないですね.あと安い.レモン汁が合う.蒸し焼きの過程でどうにも皮がしけるので最後に焼いてますが,最初の皮を焼く工程飛ばしてもいいかもしれない,しらんけど おわり

 

チャーハン

チャーハンです.パラパラにできますか?家の火力だと大変ですね.以下は米のふわふわ感を犠牲にしてパラパラにする方策です.

チャーハンです.店のチャーハンはうまいですね.みなさんは,店のチャーハンですか?以下は店のチャーハンっぽい味を気持ち再現できなくもないです.

 

つかうもの

・テフロンかフッ素加工のフライパンじゃないと焦げ付きで死にます

・めし 炊きたてより翌日以降のやつがいい 水分飛んでるし

・生卵

・たまねぎ みじん切り

・ネギ

・あれば焼豚などの具

・塩コショウ

・創味シャンタン オイスターソース 醤油

・ごま油

 

つくりかた

・ネギとたまねぎを少し多めの油でよく炒めます

・かなり炒められてきたら具を入れて炒めます

・具が炒められてきたらネギたち共々皿によけます この時に出た油はめし炒めるのにつかう

・めしはボウルに移します

・少量のマヨネーズかサラダ油で混ぜてほぐし,卵を割り入れてよく混ぜ絡めます

 この工程はすばやく行いましょう あとこの間にフライパンを強火であたためておく

・フライパンにめしを投入

・手を止めずにひたすら炒め続けるとパラパラになってきます 塩コショウ少々で薄く味付け

・チャーハンがある程度の状態になってきたら具を投入,創味シャンタンと隠し味+α程度のオイスターソースを入れて炒める

・調味料が混ざったっぽくなってきたら鍋肌とか醤油少量を焦がして混ぜる

・最後にごま油を少し垂らして混ぜると香りがよいです

 

うまくやると米の食感はそこまで損なわれずにすみます 超パラパラで飛び散って食いにくいくらいになることもある 味薄くしてあんかけチャーハンにすることで水分を補填とかもいいですね 店の味に関してはたまねぎとオイスターソースが多少関係してると思います おわり